読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yu_ki_kun_0’s diary

某大学の某声優サークルの代表をしていましたオタクです。変な話と下ネタと悪口を含んでいることがあります。話し言葉を文にして書くのでとても長くてなんか変です。面白いこと書こうとしている姿勢が見えたらクスッと笑うか嘲笑の星をお願いします。

ご報告です。

どうも、ゆーきくんです。

 

2015年も、

大変お世話になりました。

 

 

 

ということで、

 

先日、東京某所にて、

クリスマスイブ記念放送が行われました。

 

そっちらのご報告をさっせていただきます~wwwwwwwwww

 

 

 

なーーーーーーーーーーーにがご報告じゃ、やめなさいよ。

 

いつもの下ネタでございます。

 

こちらも間もなく控えねばですね!

 

 

 

は?という方はこちらを参照してください。

yu-ki-kun-0.hatenablog.com

 

ただの猥談になります。それでも良い方は下へ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうだ。

 

この記事はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

 

と、言っておくと良さそう!!!

 

 

 

 

いや~大変でしたねw

 

先日、都内某所で開催した、クリスマス記念放送~ゆーきくんと7人のシコ~でしたが、

一時期は50人を超える入場者の方にお越しいただいたとか、

大変ありがとうございました。

 

今回、こちらのタグ( #ゆーきくんと7人のシコ )を付けて声優さんの名前を呟くとその声優について話します!みたいなことを一応Twitterでつぶやいたのですが、

 

twitterで #ゆーきくんと7人のシコ を検索してみてください。

 

わりと古いツイートで、

 

 

 

 

いや、お前らすごいなと。

 

しょっぱなから飛ばしてきたなと。

 

最初はそんなでもないところって意味だったのかもしれませんが、それでもまあすごいなと思いました正直。

 

 

 

言いますけど、放送より前にツイートされた声優さんは一応全部触れたかったので、こちらの声優さんのシコリティについてもお話させていただきましたよー。

 

 

 

1枠目は説明と、茅原実里さんや新谷良子さんについてのお話。

 

2枠目は新谷良子さんからアマガミの話や、小野早稀さん、若林直美さん・・・とのんびりやってたらですね、

 

今回なんと6枠目まで使ってしまって、長々だらだらとした放送にしてしまったことに関しましては、とても反省しております。

 

 

 

みんな知らないと思うけど、4枠目とか、

 

 

この発言を受けて、自分のシコリティに気付いてしまっている声優特集しましたからね。30分近く。阿呆だね。

この枠が一番喋ったけどね。だってずるいもん。自分のシコリティ気付いてる声優。佐倉さんまだまだ進化するよ?

 

 

 

ただ長くしすぎて、最初から最後まで全て聞けてないよという方も多いと思うので、

 

世の中は大晦日ですが、最終結果を発表しておこうかなと思います!

 

 

 

 

 

今回のシコリティ声優選手権ですが!

 

 

の5人を大賞とさせていただきました!

 

 

 

 

 

この経過を説明を私の文才では書けないがために、結果だけだと正直面白くないのでなんとも言えませんが、

 

今回はこの5人とさせていただきます。

 

 

 

今回も7人決めたかったんですが、この5人とその下にはそれなりの差があり、そして対象も複数いらっしゃったため(あとこんなクソみたいな大賞を受ける声優増やさなくてもいいので)、5人とさせていただきました。

 

 

 

どうしても7人にするとしたら、

これからのアーティストとしての活躍を期待して久保ユリカさん、

そして恒例、曲枠としてHotel Moonsideを入れさせていただきますが、

 

青木さん、立花さん、山口さんなど、視聴者さんから多数候補をいただいたこと、

もう一人のパーソナリティであるKだま氏が速水奏Pであること、

Kだま氏「いや、シカコは外人枠だよ!7人のシコにそんなワイルドカードみたいなの切っていいの!?ゆーきくん本当にそれで嬉しいの!?」とのこと、

 

それらを総合して、今回は大賞には一歩及ばずとさせていただきました。

 

 

 

え?外人枠の意味?そんなの考えたり感じたりしろ。

 

 

 

…え?う、内田真礼さんはほら!もう帰化してるというかなんか違うじゃんね!ね!

 

 

 

 

 

さて簡単に講評だけ置いておきます。

 

今回この方を入れるのが、僕個人としては正直一番抵抗があったのですが…。

多数のご意見をいただいたので、5人の中に入れさせていただきました。

抵抗というのは、やはり好きの度合いが一定を超えると超えるにつれてこういう風には言いたくなくなるのは事実でして…。

 

さて、講評ですが、

 

放送内でもお話しましたが、

この方自身少しオタクであり、

そして、ラジオ内でもイベント内でもオタクに対して好意的なんですね!

 

そのような、分かってくれる優しさに加えて、

 

www.nicovideo.jp

 

ような側面では、”東山政権”*1*2と呼ばれる、近年では最強レベルと言って過言ではない声質。

代表作・キャラなどは無粋なので載せませんが、どのキャラでも存在感を残しています。

 

このあたりが選考のポイントではないかと思います。

 

 

 

や、僕は単純にかわいいというかどうしようもなく好きですけどね…油断したら完全にやられますけどね… 

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231183612j:plain

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231182251j:plain

 

 

 

ア、ア、アアア…………………………………………(死)

 

 

 

今回こちらの方はですね、写真集枠と言ってもいいのではないでしょうか。

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231183227j:plain

 

www.amazon.co.jp

 

こちらをご確認ください。

ぜひ。

ぜひ。

 

渕上舞はいいぞ。

 

 

 

いやー今年の上坂さんは。

上坂さんはすごかった。

 

もうご本人のTwitterの画像欄だけでお腹いっぱいね。

 

 

あのさあ・・・

 

納まってないやん!!!!!

 

あんな!!!!!

 

納まるって言葉の意味は、

・一定の範囲の中にきちんと入る。
・その場所に落ち着く。

 

納まってないやん!!!!!!!!!!

 

 

以上でよろしいですかね。

 

 

 

ご存じ性の捌け口さん。

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231184552j:plain

 

まだまだ進化は止まらなさそうです。

20歳になって以降の成長がここまで止まらない方も素晴らしいですね。

 

ただ、今年の佐倉さんの代表作は、ある側面では最高であり超凶悪でしたね!

 

あざといの視覚化、一色いろは

ご注文はセックスですか?、ココア

Dの名を継ぐもの、ティア・ライトニング

Twitter増殖現象、分からない手、友利奈緒

ぴゅるるる~るる~るる~、ぴゅる、ぴゅるるる、ぴゅる~~~~↑↑↑、ぴゅっ、ぴゅるるる~~~~~↑↑↑↑↑、モア

 

など、他にもあげきれないほど優勝キャラの数々。

図抜けた正ヒロインではないにしろ、だからこそ映える、”悪い佐倉綾音

 

一色いろはは、東山さんの部分でもお話しした、援助交際してそうなキャラランキングでは文句なしの2位に入りこんでました。

 

進化が止まらない彼女、次のお方と並び、殿堂入りも視野に入ってくるのではないだろうかと思います。

 

 

 

 ご存じ性の権化さん。

f:id:yu_ki_kun_0:20151231185856j:plain

 

 

 

 こいつどうなってんだ・・・?

 

 

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231190018j:plain

 

 

 

うつ伏せに寝るなや・・・・・

 

 

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231185938j:plain

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231185952j:plain

 

 

 

仰向けでもダメじゃん!!!!!!!!!

 

 

 

 

f:id:yu_ki_kun_0:20151231190149j:plain

 

 

 

 

起きてもセックスじゃねえかお前!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

彼女によって、僕は気付きました。

 

セックス(性行為)、セックス(精神)、シコ、これらは必ずしも同義ではないことを。

 

僕らは言語表現に難があることを。

 

ありがとう、内田真礼さん。

 

彼女はシコリティ声優のユニバーサルデザインに一番近い存在かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて!

 

 

彼は正しいことを言っていますね!

 

 

 

 

 

 

 

さすがに年内最後の更新がこれはすさまじいですね。

 

次の記事はどうなるのん。

 

ガキ使面白い。

 

 

 

ゆーき

 

 

*1:これに2番手である早見を加えて、東山早見文化とも言われた、2014年

*2:同様の表現として、東山文化とも言われた、2013年